「快活に生き生きと、美しい暮らしを目指して」

「vivo」は音楽用語で、「活発な」「生き生きとした」という意味です。
私たちは、そのエネルギーで目指す先として「美暮」という漢字を当てました。

日々、目まぐるしく変わる現代において、豊かな自然、洗練された生活環境、平和で文化的な社会を目指して生きる人でありたい。

私たちは、そんな「美しい暮らし」を目指すすべての人のパートナーです。

美しい暮らしを共に創るエコライフパートナーvivo

サービス一覧

当社は、中古の電子ピアノと電子オルガン(エレクトーン)の販売や買取、修理などを行っております。

買いたい
売りたい
処分したい
修理したい
レンタルしたい

リユース/リサイクルへの取り組み

古い電子ピアノや電子オルガンが、ゴミとして扱われてしまっていることをご存知でしょうか。

私たちは、お客様の大切にされてきた楽器がただのゴミとして廃棄処分されてしまわないよう、リユースが可能なものにはメンテナンスを行い、残念ながら再生することができない製品については資源としてリサイクルする活動を進めています。

美しい地球と限りある資源を後世に残すために、私たちと共に電子ピアノ・電子オルガンのリユース/リサイクルに協力していただけると幸いです。

リユース/リサイクルの詳細を読む

vivoという名前の由来

当社の屋号「vivo」は、中古電子ピアノ・電子オルガンのお店をはじめるときに、その語感の可愛らしさと言葉の意味から名付けられました。

もともとイタリア語が語源の音楽用語で「活発な」「生き生きとした」「速く」などの意味をもつ言葉が、めまぐるしく変わる社会環境や日進月歩のビジネスツール、すべてが超スピードで変化していく現代社会でも、萎縮することなく、流されることなく、自分たちの足どりで進んでいける、そんな会社でありたいと願っての命名でした。

では、「生き生きと」「活発に」、その目指す先はどこなのか。
私たちは「vivo」にもう一つの意味を持たせることにたどり着きました。

由来の続きを読む